« 埼玉支部演奏会に向けて | トップページ | 尺八 募集チラシ »

2016年8月 5日 (金)

新都山流 本部 本曲講習会 参加しました。

7月24日(日)石清水八幡宮研修(京都府八幡市)にて行われた尺八本曲 宗家:本部講習会に参加しました。研修センターのある石清水八幡宮は流祖中尾都山の守護神であります。
男山の峯に石清水八幡宮はあり、その山中から湧き出る清泉を神としたことよりこの名がつけられた。今も岩間から清水が湧き出ています。流祖はここで 本曲 岩清水を作曲されました。
今回の本部講習会は兵庫県支部がサポートして頂きました。埼玉支部からは早川先生、朝日先生と宝山の3人が参加させて頂きました。講習会の前に8時30分から境内の一角にある 流祖の石碑の前で本日の講師の山本茜山先生が本曲岩清水を献奏しその後 皆で本曲八千代を献奏しました。
昨夜は研修センターに宿泊施設があり、埼玉支部の3人はお世話になりました。兵庫県支部との懇親会もあり楽しい一夜を過ごしました。
本曲講習会は清峯殿で行なわれました。慷月調と春の光の2曲です。宗家 美都子様の挨拶、兵庫県支部長の佐野憲山先生の挨拶の後 講習に入りました。最初は流祖の本曲に対する 想い、曲想についてのお話。「本曲は物語りであり、日本の言葉であり、日本人の心である」と流祖が常々話されていたこと。都山流楽譜の記譜法の考案の経過等の解説が有りました。
本曲 慷月調については初段から小フレーズ毎に区切って説明と吹奏の方法等教えて頂きました。午後からは「春の光」 流祖30歳頃の作品。持参した楽譜は2部合奏曲のものでしたが、本来は3部合奏曲で作曲された。3部合奏曲の楽譜を用意頂き それで講習を受けました。何と3部の譜面の記載は宗家 美都子様がやられたとのことでした。
春の光は出席者を3グループに分けて合奏練習を行ないました。3回繰り返して全員が3部門を合奏練習しました。
お昼休みの時間を利用して石清水社に行ってみました。山を下り中腹に霊水の湧き出る水社を参拝し清水の湧き出ている所も見ることが出来ました。
本曲講習会も無事終了し又ケーブルカーに乗り八幡駅に着き駅前の石清水八幡宮の大きな看板の前で記念写真を撮り解散となりました。一泊二日の色々なことが心に残る講習会でした。宗家、山本茜山先生、兵庫県支部の皆さまに感謝!!

















|

« 埼玉支部演奏会に向けて | トップページ | 尺八 募集チラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135166/64013879

この記事へのトラックバック一覧です: 新都山流 本部 本曲講習会 参加しました。:

« 埼玉支部演奏会に向けて | トップページ | 尺八 募集チラシ »