« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年10月 8日 (火)

第33回 群馬県邦楽協会定期公演に出演しました。

H25年10月6日 前橋市にあるベイシア文化ホール 小ホール(群馬県民会館)にて第33回群馬県邦楽協会定期公演に参加しました。

毎年開催されていますが、宝山は今回が初めて出演しました。太田支部の代表社中「畠山千恵子社中」とご一緒させてもらいました。

今回の演目は「和の国讃えて」生田流七声楽院 家元 仲林光子先生の作曲で奈良の都の春の風景を愛で和の国を讃えた曲。原作は大倉ただし 作詞は加藤百子。

歌詞は下記です。

「和の国の桜の里の石舞台、信貴の裾野にこの花咲くや 大和の国

桜の里 桜 桜 ・・・・・ さくら さくら遠くで咲いた  近くで咲いた

みんなの心に綺麗に咲いた さくら さくら 花盛り

君知るや弥勒の夢のほととぎす 志賀の都にあまねく調べ」

楽器の構成は第一筝、第ニ筝、十七絃、みさと笛、能管、尺八です。

曲の初めは力強い筝の独奏、次に歌が入り、篠笛の旋律が入りそれを受けて尺八のメロディーと続きます。みさと笛と尺八で鳥のさえずりの2重奏、筝と十七絃の合奏の後、能管の甲高い音色で 唄が入り「さくら さくら 遠くで・・・・・」こどもが元気で遊ぶさまが浮かびます。最後は全員の合奏となり最高に盛り上がって曲が終わります。いろいろ変化に富んだ曲の構成となっています。

演奏は上手く出来た様に感じましたが、お客様がどのように感じて頂けたかどうか。今回 演奏が終わってから別のお琴の先生からこの曲の楽譜が欲しいとの話もありました。

充実した初秋の一日でした。

Proguramu

Img_1887Img_1892_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

9月16日は 敬老会と台風接近の日 

9月16日は敬老の日でした。

この日は台風が日本列島東海地区、関東地区で接近の日でした。この日は2つイベントがあり、この日のために練習準備を進めてきました。

特に宝山が住んでいる地区のお年寄りに感謝する会(敬老会)が区民会館で午前中予定されていました。宝山会は例年の様に尺八演奏とお琴との演奏を行なっています。今回は尺八の演奏曲目は 都山流本曲「星・月・花」新都山流 宗家 中尾 美都子様の作曲の曲です。もうひとつは 宮城道雄の「北海民謡調」の抜粋バージョンを予定しました。お琴との下合わせも実施して準備完了していました。

朝からの大降りの雨、時々風が強くなる天気でした。朝7時にボランティアの人から電話が来て、本日の敬老会は中止となりました。60人近くの老人が雨の中、130916_140901130916_140902





130916_141001


区民会館に集合するのはやはり大変な事と考えた結果であったと思いました。この演奏予定の曲は次回に取っておくおくことにしました。

午後はもうひとつの予定が入っていました。やはり敬老の日に合わせた老人施設への慰問です。これは太田市内の施設です。 私が住む地区のお囃子保存会のお囃子の演奏を頼まれての出演です。こちらの方は雨風があってもその施設に住んでいる人達なので天候は関係ないのです。私は 尺八ではなく「篠笛」を担当しています。敬老会のプログラムの中に組み込まれた演奏でした。演奏が終わる頃は雨も上がり空は晴れてきていました。

長い一日でした。スナップ写真をご覧下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »