« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月31日 (金)

ケアールネッサンス 尺八コンサート開催しました

ケアルネッサンスうるしはら様(栃木県足利市)からのご依頼により デイサービスのレクレーションで尺八の演奏をしました。 「ケアルネッサンス 尺八コンサート」と称して下記曲目にて行いました。

1.尺八独奏 「胡茄の歌」

2.尺八といっしょに歌いましょう

  ① 荒城の月  ② 古城  ③ 浜辺の歌  ④ 四季の歌

3.尺八 カラオケ

  ① 無法松の一生(村田 英雄の歌) ② 風雪流れ旅(北島 三郎の歌)

4.尺八 独奏曲 「追分 幻想」(宮田 耕八朗 作曲)

午後2時から始めて 約45分間の演奏会となりました。 集まってくれたデイサービスのご老人は二十数名でした。静かによく聞いて頂きました。

又 機会があれば 演奏することで 終わりとなりました。No1 No2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

新都山流 関東大会 開催しました。

今年も、新都山流 関東大会が行われました。今年は昨年より虎ノ門イイノホールが取り壊しで使用出来ない事から新しい演奏会場として銀座ブロッサムにて演奏会が行われました。あいにくの朝から雨が降る日となりました。地下鉄 有楽町線・新富町駅の階段を出ると正面に銀座ブロッサムの建物が見えとてもわかりやい場所でした。

演奏会はプログラムに従って進行しました。今年も宝山の役割分担は舞台進行係、幕間に舞台の準備、イス等の出し入れ等の裏方です。

今回 宝山の演奏曲目は「秋の曲」と「舟の夢」を鈴木白韻社中、「琉球旋法による四重奏曲」を坂本好子社中、都山流本曲「万華鏡」を演奏しました。

東京都支部長で新都山流技能理事の井藤麗山先生の本曲「寒月」独奏がありました。又プログラム進行の半ばで新都山流初代宗家 中尾都山(美都子)様のご挨拶が有りました。祖父が都山流を創設して現在の新都山流に至った経緯の話と尺八を通じて皆様の幸せと世界平和を目指したいとのお言葉を頂きました。

12番目の演奏曲は長沢勝俊作曲の尺八三重奏曲「海のしらべ」。指揮は井藤麗山先生、演奏者は関東各支部の選抜メンバーでした。井藤先生の指揮が素晴らしかった。指揮により曲の流れをつくり音を広げ音を協和させ、指揮者と演奏者が一体となって海のしらべを創っていく。舞台側から見ていて 感動しました。

もうひとつ大合奏曲として 唯是 震一作曲「三曲第三番」演奏は東京・千葉・神奈川支部と唯是 震一社中で総勢117名のまさに大合奏となりました。第一楽章(翁の舞)第二楽章(鶴亀の舞)第三楽章は祝の舞)と三部形式で構成され 尺八、三絃、箏の大合奏曲で圧巻でした。

来年の本演奏会も既に決定しています。来年も同じ会場 銀座ブロッサムでH21年9月27日(日)を予定しています。是非来年もご来場ご鑑賞頂きたいと思います。 以上。

45  43 46

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »