« 演奏会は「秋の初風」平安王朝の雅の世界へ | トップページ | 群馬幹部会 三曲研修会 開催しました。 »

2008年7月25日 (金)

埼玉支部演奏会 開催した。

新都山流埼玉支部の定期演奏会が7月21日(海の日)さいたま市文化センタ ーにて行われました。

演奏は11時開演で最初の曲は宝山演奏した尺八本曲「若人の歓び」尺八の2部合奏曲です。1部、2部のパートに分かれており6人の合奏となりました。6人息の合った合奏が出来ました。

次に宝山は吉崎克彦作曲の炎の朱(ほむらのあけ)を蓮見社中と演奏。練習の甲斐あってか、速さ、強弱も一応下合わせ通り出来て1つの曲としてまとまりました。

次は菊岡検校作曲の「舟の夢」鈴木白韻社中との大合奏曲です。7月6日の谷原小学校の和室での1回だけの下合わせに全員汗だくで練習しました。鈴木先生からは七夕の前日ということで和紙の千代紙と和菓子を全員に対してプレゼントがありました。鈴木先生の粋な心使いに対して感謝。その帰り道 池袋駅から山手線に乗って上野までいく為電車に飛び乗り慌ててイスに座り猛暑の日汗だくでハンカチで手団扇をしていると向かい斜

前の老婦人が見かねてか「もらった団扇ですどうぞ」と渡されました。すみません と受け取り暫し冷風にしたりました。親切な老婦人に感謝。この団扇は家まで持ち帰りました。「舟の夢」は来る9月21日の新都山流関東大会に埼玉支部の演奏曲でもあります。

次の宝山の演奏曲は宮城道雄作曲の「秋の初風」を柴田つぐみ社中と演奏させて頂きました。本年2月の埼玉支部合奏研修会での課題曲でもありましたこの曲。 今回の演奏会の為にも数回の練習を柴田社中にお願い。尺八としては今回の演奏については、今まで習った項目についてはほぼ間違いなく演奏ができたかなと思っています。「雅と無常の世界」が少し理解出来た気がしました。

演奏会の最後は恒例の全員記念撮影と懇親会、終わったのは19時過ぎ。

暑い夏の日の演奏会が終わりました。  スナップ写真をご覧下さい。H20 H20_2 H20_no2 H20_3 H20_4

|

« 演奏会は「秋の初風」平安王朝の雅の世界へ | トップページ | 群馬幹部会 三曲研修会 開催しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135166/41962793

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉支部演奏会 開催した。:

« 演奏会は「秋の初風」平安王朝の雅の世界へ | トップページ | 群馬幹部会 三曲研修会 開催しました。 »