« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月14日 (日)

太田市民文化祭 開催しました

Phto0200 平成19年度 太田市市民文化祭 邦楽謡曲古典舞踊発表会が太田市社会教育総合センターにて12時30分開演で行われました。

出し物は 謡曲、日本舞踊、尺八、筝曲の部門から日頃お稽古した内容の発表会となりました。

宝山は丹羽京子社中と新曲で「花吹雪」と「かごめの主題による筝、尺八の四重奏曲」の2曲を演奏しました。この曲はいずれも吉崎克彦の作曲です。「花吹雪」は8月末からの練習曲で「かごめの主題ーーー」は2年越しの曲目でした。いずれも尺八は宝山の単管での演奏となりました。一部反省する部分が残りましたがまずまずは無事演奏することが出来ました。丹羽社中にかん感謝、感謝です。

本日の演奏会も尺八演奏者は宝山以外は全て琴古流の先生方でした。都山流の門人を早急に増やす必要が有ると再認識しました。来年も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

新都山流 尺八楽演奏関東大会 開催

都山流尺八楽演奏大会(通称 関東大会)が9月23日(日)イイノホールにて予定通り開催されました。

東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・の各支部主催による演奏大会です。今年で26回目の演奏会となりました。

演奏内容は門人准師範・師範・大師範による本曲演奏、三曲界各お家元先生との演奏と全20曲の大演奏会となりました。

中でも唯是 震一先生作曲の石狩川”秋”(1.火山灰、2.望郷、3.サイロ、4.野分)については唯是 震一先生自ら三絃にて出演しました。尺八、三絃、筝、十七絃の合奏で 何と演奏者の人数は115名の大演奏となりました。

尺八独奏曲は東京都支部長で関東大会実行委員長の井藤麗山先生の 本曲「康月調」が披露されました。

演奏会の中間に新都山流初代宗家 代理様のご挨拶がありました。

宝山は「歓喜の朝」を中塩輝子社中と「けしの花」を鈴木白韻社中と「夏の手事」を坂本好子社中の皆様と演奏させて頂きました。

今年で最後となるイイノホールでの演奏会は無事終了する事が出来ました。H19 H19_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

敬老祝賀会に出演

地元 太田市 馬場地区の敬老祝賀会の余興に昨年に引続き出演しました。

今回の特徴はお琴の先生が加わり篠笛、尺八、お琴で演奏できる曲をと考え「滝廉太郎 作曲の荒城の月」を選定しました。お琴での荒城の月の楽譜に尺八と篠笛が合奏出来る様に小生が少しアレンジして曲をまとめました。全員での事前練習は1回でしたが当日はうまく演奏が出来ました。尺八と篠笛の合奏は夫々の音色がうまく融合し違和感なく聞こえます。

今回の招待したご老人は約70人会場の集会場は満員となりました。

当日演奏した曲目は下記です。45分の演奏でした。

1.篠笛 独奏 竹田の子守唄

2.尺八 独奏 胡茄の歌

3.尺八・篠笛・琴合奏 荒城の月

4.琴 合奏 童謡メドレー

5.筝曲 千鳥の曲(お琴の先生と宝山)

来年もお呼びが掛かれば出演をするよていです。

H19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »