« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月 6日 (日)

新都山流 埼玉支部群馬幹部会 第4回尺八研修会 開催

H19年4月30日 高崎中央公民館において群馬幹部会の本年度の事業計画に基づいた尺八本曲の研修会を開催しました。

講師は埼玉支部長で竹琳軒 早川香以山先生にお願いしました。

時間は午前10:00から昼食をはさんで午後の5時まで1日みっちりの講習会でした。

課題曲は都山流本曲「岩清水」です。先生に模範吹奏をして頂いた後数小節に区切り曲の吹き方注意点を講習頂きました。その後1人1人が順番に吹奏の練習と先生から注意点を聞くという方法をとって頂きました。

受講者は小生を含めて7人と今までにない大人数となりました。

6時間に及ぶ熱心な講義を受け会員は夫々本曲の曲想、吹奏の仕方を体得しました。最後に先生は帰ったら1週間以内に家で本日講義された内容を必ず復習すること。練習しないと忘れてしまうと注意が有りました。

帰りに有志で高崎駅そばの居酒屋で反省会を開いて解散となりました。

H19phto0143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

第5回 筝と三絃と尺八のつどい 開催

第五回 筝と三絃と尺八のつどいが群馬県邑楽郡大泉町の大泉文化むら 母屋にて開催されました。会場の母屋は昔の庄屋の建物を移転し利用出来るようにした。土間があり2階造りとなっている。その1階の畳の間で演奏しました。隣は茶室となっており演奏を聞きに来た人にお茶が出されました。

主催は地元のいずみ邦楽会のみなさん。尺八は宝山1人、泉(宮城道雄作) 新浮船(松浦検校作) 八千代獅子編曲(宮城道雄作) 春の海(宮城道雄作)の4曲を担当しました。中でも八千代獅子編曲は胡弓が入り一味ちがった曲風となりました。お客様も友人、知人をはじめ近所の人など大勢聞きに来て頂きました。天気も良く 春ののどかな1日となりました。 (写真をクリ2007422_harunoumi_phto0133ックすると大きい画面になります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »