« 新都山流 埼玉支部 定期演奏会のお知らせ | トップページ | 新都山 埼玉支部定期演奏会 開催 »

2006年8月 1日 (火)

両毛三曲協会「浴衣習い」開催しました。

両毛三曲協会の「浴衣ざらい」が館林市文化会館小ホールにて会員の協力のもと開催されました。

予定通り 宝山は宮城道雄作曲の「軒の雫」と江戸信吾作曲の「八木節スケルッツオ」の2曲を 琴古流のいつもの仲間とお琴の社中と演奏をしました。「軒の雫」は琴古流の先生 2人と、中でもお一人は89歳の高齢の方聴音が難しく補聴器を使っての演奏。やはり音を全て聞き取れないので演奏会前には尺八だけでの練習を試み合計6回行い演奏会に望みました。 出来栄えは 練習の甲斐有ってか まあまあの出来で終わる事ができました。 又「八木スケルッツオ」は逆にお琴の先生と下合わせの練習が6回程実施しての演奏会でした。 全体を考えると合奏の練習の回数が多い程曲の仕上がり度が深くなる事が今回良く判りました。次回の新春 お弾き染め、吹き初めを楽しみにーーーー練習、練習となります。演奏会のひとコマです。写真をクリックすると大きい画面になります。

Ryoumou_sannkyokukyoukai_yukatazarai_1   

|

« 新都山流 埼玉支部 定期演奏会のお知らせ | トップページ | 新都山 埼玉支部定期演奏会 開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135166/11173496

この記事へのトラックバック一覧です: 両毛三曲協会「浴衣習い」開催しました。 :

« 新都山流 埼玉支部 定期演奏会のお知らせ | トップページ | 新都山 埼玉支部定期演奏会 開催 »